東京支部

ゼロから上場まで!~新しい農産物流通への挑戦~

例会案内
2023年03月15日
東京駅サピアタワー9階
学校法人産業能率大学「セミナールーム2」
株式会社農業総合研究所(東証上場) 代表取締役会長CEO
及川 智正(おいかわ ともまさ)氏

 

■日      時:2023年3月15(水)13:00~15:00

■会      場:東京駅サピアタワー9階 学校法人産業能率大学「セミナールーム2」 (3 階受付経由でご入館ください。)

■スピーカー:及川 智正(おいかわ ともまさ) 株式会社農業総合研究所(東証上場) 代表取締役会長CEO
【経 歴】
1997 年 東京農業大学農学部農業経済学科卒業 株式会社巴商会入社
2003 年 和歌山県 新規就農
2006 年 エフ・アグリシステムズ株式会社 関西支社設立 関西支社長
2007 年 当社設立、代表取締役社長
2019 年 当社代表取締役会長 CEO (現任
2020 年 カネマサ流通ホールディングス株式会社 社外取締役(現任)
2021 年 富山中央青果株式会社 社外取締役(現任)

【テーマ】 ゼロから上場まで!~新しい農産物流通への挑戦~

【要 点】
■㈱農業総合研究所とは
㈱農業総合研究所は、「持続可能な農産業を実現し、生活者を豊かにする」をビジョンに掲げ、日本及び世界から農業が無くならない仕組みを構築することを目的に、全国の生産者と都市部を中心とした小売店をIT でダイレクトに繋ぎ、情報・物流・決済の独自のプラットフォームを構築することにより、これまでになかった新しい農産物流通システムを展開しています。生産者が農産物を規格にとらわれず自由に生産し、 自ら販売価格や販売先を決めて出荷することにより、農産物出荷による所得拡大や こだわりをもって生産した農産物を“顔の見える”形で生活者に届ける流通を実現しています。
■講演概要
大学卒業後、会社員を経て、農業の生産と販売の双方に従事いたしましたが、この時の“農業は作るのも、売るのもシンドイ”との経験から、2007 年に現金 50 万円で当社を設立し、生産者と都市部のスーパー等を直接結ぶ「農家の直売所」事業をスタートしました。農業ベンチャー初の上場を果たし、起業後12年で取扱高100億円を達成するまで成長した当社ですが、初めから順風満帆な訳ではなく、なぜ和歌山で起業したのか、上場のきっかけやターニングポイント等をお話しさせていただきま
す。

■会      費:1,000円

  • 出欠の有無:2023年3月7日(火)までにSAM事務局までお知らせください。
  • Zoom情報:https://us06web.zoom.us/j/88212585627?pwd=OEYwQUR1cXFMTGx1eXpxb21XWit1UT09

以上

 

【事務局】〒158-8630 東京都世田谷区等々力6-39-15
学校法人産業能率大学総務部総務課内 山崎裕貴
電 話 番 号 03- 3704- 9046
Eメールアドレス sam@ hj. sanno. ac. jp

直近の例会

TOP